裏地に使われる生地 | 相手に好印象を与える為に、オーダースーツを利用しよう

相手に好印象を与える為に、オーダースーツを利用しよう

裏地に使われる生地

スーツの裏地に使われる素材ですが、基本的に「ポリエステル」や「絹」、「キュプラ」などといわれています。
オーダースーツの場合、これらの素材を選ぶことができるというメリットがありますが、それぞれの素材がどのようなものなのか、どのような効果をもたらしてくれるかわからない人が多いでしょう。
ポリエステルとは、石油を原料にして作られているものです。様々なものを合成して作られているため耐久性があるだけではなく、水にも強いので裏地によく使われている素材です。
ですが、通気性があまりよくないので、汗などの湿気が残りやすいです。そのため、汗をよくかくという人は、オーダースーツの裏地はポリエステルは避けるようにしましょう。
絹とは、蚕の繭を原料として作られているものです。絹の特徴は「光沢」で、オーダースーツの裏地に使うことで「見えない部分にも気を使うのか」と、周りに評価されます。
しかし、絹はとても高級品なので、裏地に使うとなるとかなりの値段になってしまうことがあります。ですが、着心地は断然違うので「とにかくスーツにこだわりたい」という人は、絹を使うといいでしょう。
キュプラとは、綿毛の種の周りについている産毛を原料として作られているものです。キュプラの特徴は「吸湿性」で、汗をかいてしまったとしても、その湿気をスーツの外へ逃してくれます。
そのため、夏といった暑い時期に適している素材なのですが、キュプラも素材としては高価なので、オーダースーツを作る際は予算に気をつけましょう。

Copyright (c) 2015 相手に好印象を与える為に、オーダースーツを利用しよう all reserved.