長持ちさせるために | 相手に好印象を与える為に、オーダースーツを利用しよう

相手に好印象を与える為に、オーダースーツを利用しよう

長持ちさせるために

こまめに手入れ

業者の元に依頼をして、作ってもらったオーダースーツ。世界にひとつしかないスーツということもあり、なるべく長持ちさせたいでしょう。
実は、あることに気をつけることで、オーダースーツを長持ちさせることができます。

クリーニングの袋

オーダースーツを中々着用する機会がない人は、一度着用したらタンスなどに保管するでしょう。
そして、着用するときになったら取り出す、という人が多いですが、手入れもせずそのまま放置してしまうと。ホコリが溜まってしまうだけではなく、湿気も溜まりやすい状態となっているので、カビも発生してしまう可能性があります。
長年ホコリやカビがついている状態だと、オーダースーツの素材をダメにしてしまうことがあるので、こまめに手入れをして綺麗な状態を保つようにしましょう。

オーダースーツを着用した後、そのままでは汗などが染み込んでいることもあり、不衛生な状態です。
そのため、クリーニングに出して綺麗にしてもらう人が多いですが、クリーニングから帰ってきた後、スーツには袋が被っている状態が多いです。
「このまま保管をすれば、ホコリも被らないだろうし綺麗にできるだろう」とそのまま保管する人が多いですが、袋を被っている状態というのは湿度が高くなりやすいです。
もし袋を被せたまま長期間保管してしまうと、カビが発生してしまい生地が脆くなりやすくなるので、クリーニング後の袋はすぐに取るようにしましょう。

Copyright (c) 2015 相手に好印象を与える為に、オーダースーツを利用しよう all reserved.